作ってみよう! トローリングヘッド
  B 抜型製作


マスター型ができたら、次は抜き型です。抜き型とは マスター型(凸)に対し(凹)のことです。
ココに樹脂を流し固めると、マスター型の複製ができるわけです。
1 筒を作る ペットボトルをハサミでカットして、長方形を作ります。
高さは、マスター型のパイプ全長より2cmくらい長めに。
この板を丸めて、輪ゴムで2箇所くらいとめて、
筒を作ります。筒の直径は、
マスター型直径プラス1cmくらいに調整します。
2 粘土で土台を
作る
粘土で土台を作ります。
大き目の方が重くて安定します。
高さ5cmくらいの、円でも四角でもいいです。
ただし、上の面 と 下の面は 平行に 
また上の面は出来るだけ平らに。
3 セットします 粘土の土台中央に、筒を軽く当て、円形の印を残します。
その印の中央に、マスター型を差し込みます。
差し込む方向は、頭が上でスカート部が下です。
最初に付けた印に筒をあてがい、
今度は5mmくらい押し込みます。
また、はずしておきます。
(真上から見て、マスター型との隙間が均一になるように)
金属パイプの上部には、粘土などを詰めてふたをしておきます。
4 シリコンを流す 説明書に従いシリコンを準備します。
主剤と硬化剤を混合し、出来るだけ気泡が
入らないように良く混ぜます。シリコンをハケでとり、
マスター型表面に軽く塗ります。塗り終えたら、
前段階で付けた印に合わせ筒をセットします。
マスター型の頭が隠れるまで、シリコンを徐々に
流し込みます。後は固まるのを待つだけです。
シリコンの容量は、筒の体積から割り出してください。





Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved.