Cロッド製作 ガイド巻き
 1 topガイドの接着
瞬間接着剤 または エポキシ接着剤などで、トップガイドを接着します。 先径が 細いものなら瞬間で、 太いものは エポキシで接着するほうが 無難でしょう。

2 バット・ブランク・ガイドの仮止め
マスキングテープなどで 簡単に抜けない程度に 仮止めします。

3 ガイド仮止め位置の調整
ガイドに糸を通して、錘をぶら下げたり 手で曲げてみて 糸がブランクにあたらないように 順じ仮止めの位置を調整します

4 印入れ
ガイドの足がくる部分や リングの位置などを (付ける位置は自分で決めてください) マジック等で 小さく 薄く つけください

5 分解
バット および ガイドを取はずします

6 ガイド下巻き
下巻きは ガイドのすべり防止になりますが、負荷の少ない小物用のロッドや 軽量化が必要なルアーロッドなどには、下巻きは無くてもよいでしょう。ブランク先端から順じ巻いてください。

7 ガイド上巻き
ブランク先端から順じ巻いてください

留意点
ブランクには表裏があります。TOPガイド接着時注意してください。 強い面を使うか 弱い面を使うかは 自由ですが、通常は弱い面を上下に使います。

ガイドの仮止めの時に 塗装に強い衝撃など与えますと、塗装が剥がれる場合がありますから十分注意してください。

スレッドの種類によっては、印が浮き出て 見えてしまうものがありますので、 出来る限り薄く小さくしてください。

下巻き/上巻きともに隙間が空かないようにつめながら巻いてください

--− 以下は参考です −−−−−−
ガイド巻き・飾り巻き・ウェービング例も見てください!
ロッドアートの取り扱いブランクはこちら
ロッドアートのカラーサンプルこちら
ロッドアートの標準製作の事例



・ 当サイトに掲載している文章 ・ 画像 ・ イラスト の無断転載 ・ 無断引用を禁止します。
Copyright(c) 2005  カスタムロッド工房 Rod Art All rights reserved